TOP  »  防災用品  »  ワクチン接種ブース

 


ワクチン接種を効率良く行う為の『ワクチン接種ブース』です。

このワクチン接種ブースは、効率的なワクチン接種業務をサポートし、そして二次感染のリスクを抑えながら接種活動を行う事を目的に開発致しました。病院施設において屋外で使用する事を想定しております。

ワクチン接種ブース
ワクチン接種ブースの特徴
現在行政を中心に、様々な形式でワクチン接種の準備が進められています。弊社としては、テントを使用して「ワクチン接種業務の如何にしてお役に立つか事ができるか」、以下の様に検討致しました。

1.医療従事者様の接種業務の負担を軽減できないか?


2.効率良くワクチン接種業務を行う為には、どの様な仕組みが良いのか?


3.皆様が安心して接種を受けられる環境を創るには、どうすべきか?




上記の点を解決すべく、ワクチン接種ブースを開発致しました。 以下にメリットをご説明させて頂きます。
病院の隣で業務が出来る
ワクチン接種会場を病院とは別会場に設けるケースでは、医療従事者様が限られた時間を移動時間にあてる事となり、身体的、時間的にもロスが大きくなります。

院外で常に病院との往来が可能な場所へ接種会場を設ければ、ワクチン自体の移動も含め、全てが完結致します。
効率よく接種できる
日本国民の16才以上の方がワクチン接種の対象となりますので、かなりの数の方へワクチン接種業務を行う必要があります。一人辺りにかかる時間を少しでも短くする事が、最終的な集団免疫を獲得する上で必須となります。

ワクチン接種ブースでは、2組同時に業務の進行が可能となります。
 
安心安全快適な環境
医療従事者様やワクチンを受ける国民の皆様が安心して接種業務を行う為の工夫を施しています。

テント内に換気扇を設けて空気の流れを作り、テント内の空気が滞留しない様にすると共に、夏場の暑さ対策としてエアコンを取付けられる工夫をしてあります(オプションです) 。シートは遮熱加工済みで、テント内の温度上昇を抑制し、快適な接種業務をサポート致します。

また抗ウイルス加工を施した生地「ウイルスクリア」を間仕切りに使用しており、特定のウイルス数を常に減らし続けてくれますので、二次感染リスクを減らす事ができ、より安心してご使用頂けます。
抗ウイルス生地・ウイルスクリアを使用
仕様書ダウンロード
感染症対策テント 抗菌+について
【テント外観】
テント外観1
ワクチン接種ブース正面の左右に、各診療室への1対の出入口が配置されます。ブース中央はウイルスクリアで間仕切りされています。
テント外観2
出入口は背面へ通り抜ける事が出来ます。通路と診療室の間には、ウイルスクリアの間仕切りシートを取付けられます。
【テント内観】
テント内観1
診療室は、ブース内に2室設置されております。それぞれの診療室は通り抜けて使用する事も、背面の出入口を閉じて使用する事も可能です。
テント内観2
通路側にも間仕切りカーテンが付属しています(ウイルスクリア使用)。ワクチン接種ブースの外から、診療室内が丸見えにならない様、プライバシーに配慮しています。
オプションについて
【ルームエアコン取付枠】
エアコン取付枠
接種業務をより快適に行う為に、ルームエアコンを取付ける事が出来ます。本品はルームエアコンを取り付ける為の「ベース部分」となります。本体取付工事は別途電気工事業者様へご相談下さい。
【スポットクーラー】スポットクーラー
ワクチン接種が本番を迎える頃には、季節は暑い季節になっていると思われます。スポットクーラーを使用すれば、手軽にワクチン接種ブース内を涼しくする事が可能です。

100V仕様で、通常のコンセントで使用可能となっています。
【オゾン発生器】
オゾン発生器
1時間に600mgのオゾンを生成可能なオゾン発生器です。ワクチン接種ブース内にセットして使用する事で、ブース内のオゾン濃度を0.1 ppm程度に調整し使用する事で、ブース内のウイルスを除去致します。
測定風景1
測定風景2
オゾン生成直後にブース内のオゾンを測定した所、0.15ppmを測定致しました。
【LED照明】
LED照明
防水タイプのLED照明です。連続してつなげる事で、連結点灯も可能です。

取付に際しまして、ブース頂上にLED蛍光灯を取付けると光源が遠くなってしまう為、別途吊下げ金具がセットとなります。

100V仕様となります。
仕様・価格表
ワクチン接種ブース仕様・価格 ※詳細は弊社営業担当まで、お問合せ下さい。
感染症隔離ブース
感染症隔離ブース
製品仕様書ダウンロード