TOP  »  防災用品  »  抗菌ミスト

ノンアルコールタイプの抗菌・除菌・消臭スプレー『抗菌ミスト』です。
震災や災害時には、断水が長引き、自由に水を使えない事が予測されます。そんな時に大活躍するのが、
抗菌ミストです。

従来の除菌スプレーの多くは、アルコールタイプで保存期限も短く、いつ起こるか予測不可能な震災に
備える事は、難しい状況でした。またアレルギーをお持ちの方は、使用する事自体出来ませんでした。

抗菌ミストは、電解アルカリ水から作られています。水ですので刺激もなく、あかちゃんからお年寄りまで安心してご使用頂ける商品です。また天然の抗菌成分を配合しており、多くの菌やウイルスの抑制に、対応しています。
仕様書ダウンロード
抗菌ミストの特徴
抗菌作用
吹きかけて自然乾燥するだけで、大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、 ノロウイルス等に高い除菌・抗菌効果を得られます。
洗浄作用
特許取得のアルカリ洗浄水は無添加の状態でPH12.5以上を保ち、油汚れを しっかりと分解・乳化する、強力な洗浄効果があります。
安心安全
ノンアルコールで低刺激、お子様やご年配の方、アレルギーをお持ちの方も 安心してご使用頂けます。皮膚一次刺激性試験で無刺激物の判定を取得しています。
抗菌ミストの効果について
瞬時に、速やかに、除菌・抗菌されます。菌数検査において、「大腸菌」「黄色ブドウ球菌」の抗菌速度試験の結果、2分以内に検知不可能なレベルへとなりました。 ウイルス数検査において、ノロウイルスの代替菌「ネコカリシウイルス」は、1分で検知不可能なレベルへとなりました。
菌数検査
約2分で、生菌数は検知不可なレベルへ減少します。自然環境下では、24時間で大腸菌は100倍前後、黄色ブドウ球菌は2倍以上に増殖します。
※生菌数0.63は検出限界以下を示す値です。
※除菌ミストの生菌数は、JISZ2801:2010の結果による物です。
※光触媒処理の生菌数は、JISR1702の結果を引用しています。
ウイルス数検査
約1分で、生菌数は検知不可なレベルへ減少します。
※ネコカリシウイルスをノロウイルスの代替ウイルスに使用しています。
※生菌数31.6は検出限界以下を示す値です。
※log TCID 50/ml 検査の結果による物です。
抗菌ミストの仕組みとは?
洗浄力のしくみ
抗菌ミストを吹きかけえるとマイナスイオンが噴霧されます。マイナスイオンが汚れを包みこみ、プラスイオンを奪い反発・分離します。抗菌成分GSEにより表面が抗菌されます。
抗菌ミストはこんな場面で活躍します!
こんなところで活躍します

抗菌ミスト・備蓄数量のご提案

 

【備蓄数量の目安】 災害発生時より断水が起こり、5日間続いた場合を想定します。
4人家族向け
500人向け
仕様
仕様
製品仕様書ダウンロード